リーマスおじさん⑤

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

 

5回目となる『リーマスおじさん』シリーズ。今日で最後にします。

また何か思い出したら、書くかもしれませんが、何だか…おじさんをいじっているようで、少し罪悪感が出てきたのです。

そうそう、今日は本題の『リーマスおじさん』と呼ぶようになった経緯を書きます。

 

ある日、突然。

おじさんが病室から、何冊かノートを抱えて、デイルームに居た私のところにやって来ました。

座っていた私に向かって、「ほら、読んでくれ」とノートを差し出す、おじさん。

「え?何…?」

表紙を見ると、日付やら番号やらが書いてある。

「ワシが書いた日記、読んでくれ」

私はびっくりして、

「え?本当に、私が読んでも大丈夫なん?いいの?」

と聞くと、おじさんは頷くだけ。

せっかくなので、さっと斜め読みをさせていただきました。

 

その日記は、リーマス服薬の初日から始まっていたのです。

かなり強い語気で書かれた文体。

 

副作用が、しんどい…苦しい…

何で、こんな処方をするんだ!

俺をどうする気なんだ!!

 

辿々しい字体とともに、『魂の叫び』を感じました。

 

「ワシ、『リーマス』っていうリチウムが入ってる薬を飲んでてな…それが、しんどい」

 

内容は、リーマスを処方されての気持ちの揺れ・不快感や、回診の時に先生へ楯突いて、更に増薬されたりしたこととか、書かれていました。

 

私は読んだあと、開口一番。

「リーマス、ってそんなに副作用がしんどい?」

と、聞きました。

「ああ、しんどい。今も飲んでるけれど、しんどいよ」

 

躁うつ病は、難しい病気です。かなり、デリケートです。

ほんの少しでも、雲泥の差が生じるものです。

処方するからには、医師には責任を持って、もっと注意して診てもらわないと、本当に困ります。

まあ、どのお薬を処方する時でも、同じですがね。

 

だから、先週火曜日の連れの受診日、

「リーマス追加?」

と聞いて、とても心配になったのです。

 

とある精神科の先生は、実際に自分で服薬して、効能を体験してから処方するのだそうです。

「何も、そこまで…」

と思う医師が居られるでしょうけれど、そのくらいの覚悟で処方を決めて欲しいものです。

添付文書だけの知識で安易に処方すると、患者の方はたまったものではありませんからね。