リーマスおじさん③

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

白髪の、今はもう70歳くらいになっているだろう『リーマスおじさん』の話の続きです。

そうですね、昨日が青春編だったので、今日は社会人編ですね。

 

何とか某国立大学を卒業した、おじさん。

地元へ帰り、某上場企業の技術職として働き始めます。

「◯◯へ勤めてたけれど、ワシはホワイトカラーだから。ブルーじゃあないからな」

これが、口癖でした。本当に何度も何度も話していました。

問題があれば、パソコンを使ってすぐに解決するような、かなりのキレ物だったらしいのです。

 

プライベートでは、学生の頃に知り合った方と結婚。

一男一女を授かったそうです。

ここまでならよくある、幸せそうな人生に聞こえます。

…がっ!

 

ある日の出来事。

おじさんは、車を運転して、ただただ東へ東へ。車を走らせたそうです。

ドライブというには、長いものだったみたい。

何を思ってか?さあ…分からないまま。

本当に分からなかったらしく、ガス欠になるまで走り続けたそうです。

その時、トヨタ車に乗っていたので、付近にあったディーラーの方がお世話してくださったとのこと。

おじさん、曰く。

「トヨタは、サービスがいい!ちゃんと面倒見てくれた」

そんなこと言っても、家族やら周囲の人たちは大騒ぎです!

急にいなくなって、全く違う場所で発見されたのですから。

無事、保護という形だったからこそよかったものの、ご家族の方はさぞ心配なさったでしょうに。

 

燃料切れ

 

帰って来たら、即入院。

検査を受けて、『躁うつ病』と診断。こうして、病院生活が始まったのだそうです。

 

奥さんとは、入院中に『離縁』となり、今は独身とのこと。(苦笑)

奥さん、もうおじさんの奇妙な行動を見るにみかねて、一方的に離婚したとのことです。

奥さんの職業は、ヨガのインストラクター。それで、十分に食べていけるのですって。

 

そうそう、おじさんの子供たち・一男一女は順調に育ち、おじさんに似て優秀!

男の子は関西で建築士をしており、女の子の方は単身カナダへ渡り、通訳の仕事などをしているとか、と聞きました。立派だなあ。

 

ところで、おじさんからすれば勝手に離縁されたわけで。

「そうなんだ、じゃあ今は独身なんですね」と、相槌を打ちながら笑うと、

「もーう、懲り懲り!」

って言ってたっけ。

まあ、自業自得だわなあ。

 

 

次回も、『リーマスおじさん』の話の続きをします。