そんなに気を遣わなくても…

どうも、柊木野(ひらぎの)マミです。

今週は『お片付けウィーク』なので、この記事をアップした後は、お掃除がんばります!

今日の一曲は、星野源さんの5thアルバム『POP VIRUS』から。

♪POP VIRUS

「音の中で〜」から始まる、アルバムの一番最初に収録されている、あの曲です。

 

 

星野源さんの曲はすごくポップなのだけれど、闇の部分もしっかり感じられて、その塩梅がいい感じですね。代表作は多々あるものの、この曲がとても好きです。

タワーレコード オンライン

 

今日も続きを書きます。

連れのうつ病による休職期間。前回書いたみたいな生活が続いて、約3ヵ月が過ぎようとしていました。

晩夏から秋…そして冬が来て、時はもう年末。

年末年始はもう、連れの実家で過ごすことが恒例になっているのです。

その年の瀬も車をとばして、高速乗って、連れのお父さん・お母さんに会いに行きました。

 

ドライブを快適に!(JAF)

 

連れが自分の部屋で休んでる時を見計らって、私は連れのお母さんへ事後報告しました。

・面談があったのに、本当のことを言えなかったこと。

・それを受けて、私が会社へ電話したこと。

・病院へ通うことになったこと。

・会社や先生の勧めで、休職中であること。

・私の見解では「完全復帰にはもうちょっとかかりそうかな?」ということ。

ご両親は、真剣に聞いてくださいました。

 

 

そして、お正月が来て、ご両親が「パソコンを新しくするから見に行く」と言うので、私もお父さんの車に同乗して、4人でお店へ行ったのです。

お父さんが、私に聞きました。

「マミさんは、何がいいの?Apple Watchか欲しいの?」

「え…何ですか?」

「いいよ、買ってあげるから!」

えーっ!?

ちょっ…ちょっと、確かに欲しいけれど、自分で買うからーっ!

お気持ちだけで十分でありますっ!

お父さんはニコニコしながら、

「構わん、構わん。色はどれがいいの?」

「シ、シルバーかなあ?」

「じゃあ、それねっ」

と、店員さんを呼んで、買ってしまいました。

購入した袋を私に持たせて、

「はい、どうぞ」

「ありがとうございます!」

うわあ、もう頭が上がらないよお…

お母さんが言うには、

「お父さんがこんなに太っ腹なこと、珍しいから。受け取っといたらいいよ」

と話していたので、もうただただ後は「ありがとうございます、ありがとうございます!」を繰り返していました。

 

 

私が、会社へ電話したからでしょうか?

別に、相手が連れであろうと誰であろうと、私は同じことをしたでしょう。

「めんどくせー奴を相手にして、本当にすまないなあ…」

晩酌の最中、そんなひと言をふと漏らすのでした。

本当に、優しいお父さんだなあ。

私も、こんなお父さんが欲しかったなあ。

 

安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

 

ねむりの王子

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

今日の一曲は、大瀧詠一のアルバム『A LONG VACATION』から。

♪スピーチ・バルーン

あなたの音楽生活を【タワーレコード】がバックアップ

 

海辺(春の客船)でのお別れの曲なのですが、美しいメロディとちょっと寂しい歌詞が相まって、すっごくよいのです。『 A LONG VACATION』の中でも、好きな曲です。

「君は天然色」とか「Velvet Motel」や「カナリヤ諸島にて」もよいのですが、やっぱり「スピーチ・バルーン」かなあ?

 

昨日の続きです。

ひと通りの手続きを終われせ、ひと段落。

連れも、ひと安心しました。

 

そして、休職期間が始まり…

とにかく、よく眠るようになりました。

今までが、よく眠れていなかったのだろうけれど、まあ眠るわ、眠るわ!

気分が安定して、眠剤がよく効いているのだろうけれど。

起きたらというと、リビングでガンプラやら、30mmシリーズやらのプラモデルに夢中。

 

私として一番大きなことは、「週に2回の買い物に、連れて行ってくれるようになったこと」ですね。

いつも車で近くのイオンへ買い物に行くのですが、多分お店があるから。

プラモデル屋と、ペットショップがあ…

「新作やら、新しいモフが居ないか?」かなり気になっているようです。

(私が近くのスーパーへ買い出しに行く、と言っているのに…今でも継続しているのです。)

 

連れの休み中に、30mmシリーズが棚にズラリ!ずいぶんと増えました。

連れの部屋の様子を画像アップしようかと思ったのですが、このブログを書いていることさえも話していないので、ヤバいかも。やめておきます。

本当に連れときたら…

プラモを作ってるか、眠ってるか。

くらい、まったりとした時間を過ごすのでした。

 

 

おやすみのはじまり…『自立支援医療受給者証』の交付

どうも、柊木野(ひらぎの)です。

今日も朝っぱらから、片付けに追われております。

いつも、ちゃんと整理・整頓する習慣があれば、こんなことにはならないのです。

反省、反省…(しかし、参ったわ!)

 

今日の一曲は、中島愛(めぐみ)さんのシングル『メロディ』から。

♪夏鳥

『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

 

この曲は、『たまゆら』の、第3話くらいだったかなあ…挿入歌&ED曲です。

すっごい感動シーンでBGMとして流れるので、今こうして聴くだけでも思い出してしまって、めっちゃ泣けます。

曲もそうですが、『たまゆら』もチェックしてくださいね。

 


さあ、連れの話の続きです。

病院の先生も診断書を書いてくれて、年末・年始明けあたりまで休職することになりました。

初めの方は1週間に1回ペースで受診していたので、再診の費用・処方薬など、医療費も半端な額じゃあありませんでした。

(3割負担で、月額10,000円以上はかかっていたと思います。)

そこで、役所へ行って『自立支援医療受給者証』を交付してもらって、3割→1割負担で受けられるように手続きをしました。

 

この、『自立支援医療受給者証』

上記の通り、ざっくり説明すると「精神科でかかる医療費を、1割負担に軽減できる」という制度が適用される証なのです。

 

交付を受ける際、注意することが何点かあります。

・まず最初に、受診する病院、処方してもらう調剤薬局を決める。他の場所では無効。

・同じ病院、薬局だとしても、精神科以外にかかると3割負担になる。

(例えば、「採血をする」→「貧血だと分かる」→「鉄剤を処方される」。これは3割負担に相当する、という訳です。)

・受診や薬局へ行く度に受給者証を持参、提示して適用される。

・当人の収入額により、人によって月の上限額が決まっている。

…ことくらいかな?

収入額に関係しますが、最大上限は20,000円だったような気がします。

(この制度は私も受けていますが、1ヵ月に1度の受診の上、ほぼジェネリックばかりの処方薬なので、私自身の上限額よりもかなり安くて済んでいます。)

 

もちろん、すぐに交付!という訳にはいきません。確か、2ヵ月ほどかかったと思います。

「でも、交付されるまでの医療費は?」と、思いますよね?

そこは、大丈夫!

申請した日からの適用になるので、その旨を病院や薬局に話せば、お金は要らないのです。

精神科へかかるなら、ぜひ早めに役所回りを済ませて、相談しておきましょう!

 

いろいろなところに提出する診断書だの、それの受け取りだの。当初は病院と役所を行ったり来たりばかりしていました。

この手続き。連れとしては、かなりしんどかったようです。

でもせっかく制度があるので、ちゃんと使わないと損をしますからねえ。

 

この続きは、また明日!

 

ドライブを快適に!(JAF)

 

会社へ電話

おはようございます!

まだ春先で少し肌寒い朝に、ほっこりと温かくなる一曲から始めましょうね。

 

paris matchには名曲が多いのですが、その中でも私の大好きな曲です。

3rdアルバム『Type Ⅲ』から。

♪everywhere

 

先週の続き、話は核ともなる場面です。

会社の途中休憩だということを聞き、10時ちょっと過ぎに電話しました。

かけると、いきなり。

「お疲れさまです!」

とまだ若そうな男性の声が聞こえて来ました。

(あら?私、営業の人と間違われてるのかしら?)

と頭の中を巡りつつ、名乗りました。

「株式会社◯◯、本社で間違いないでしょうか?

私、△△課所属、□□□□の身内のものです。お世話になります。

昨日の面談の件で、部長もしくは所長・副所長とお話がしたいのですが、今大丈夫でしょうか?」

相手は、いつもの雰囲気ではないことに気付いたのか、

「え…っと、何課の?誰でしょうか?」

「△△課の□□です」

「少々、お待ちください」

保留音の『エリーゼのために』が鳴り続ける最中、どんな人が電話対応してくれるのか、胸中ドキドキしていました。

 

「はい、変わりました。Aです」

これまた、まだ若そうな男性の声。

「私、□□と同居しております、柊木野と申します、お世話になっております。お忙しい中、ありがとうございます」

「あーあ、どうも。お世話になります」

ここ最近連れが引っ越したりしたので、私の件もざっくりな事情は伝わっている様子でした。

「A様は、えーと…役職は?」

「副所長です」

電話越しに「ああ、これは良い人だわ」と好感触!と思いきや、

勢いに任せて、昨夜連れと話したことをそっくりそのまま、A副所長に話しました。

もちろん、直属の上司・主任のことを匂わせながら、話しました。

そして、私から観た連れの実情、ここ3ヵ月の間、職場では昼食が全く摂れていないことなど、体調不調の件を強調しました。

最後に「パワハラの詳細は、本人の口から聞いてください」と付け加えました。

 

話を聞いてくれた、A副所長。

「…わかりました。気にかけていたんですよ。□□君がねえ、いつも暗い顔してるから。

いやあ、昨日の面談でも、『何もない』と言うものだから。

この後、本人から聞いてみます。貴重な意見、ありがとうございます」

 

わーっ。

副所長、めっちゃ良い方じゃあないか!

どうして連れは、今まで我慢してたんだろう?

失礼のないように、何とか電話を終えました。

 

さーあ!この後、連れは早速呼び出しを喰らうことでしょう。

今度は、ちゃんと言えるかなあ?

今日はどんな顔して、帰って来るかなあ?

 

ドライブを快適に!(JAF)

 

最大のチャンスを逃すな!

おはようございます。

今日の一曲は、

Rasmus Faberのアルバム『So Far』から、Rasmus Faber Feat. Emily McEwan。

♪Ever After

作業している合間とか「何かちょっと聴きたいなあ」という時に流す曲です。

 

今日も、また続きを書きます。

 

令和元年のGWが終わり、連れの仕事も始まりました。

部屋を出る時はすごく浮かぬ顔をして、足取りも重そう。

会社へ行くことを考えたり、通勤途中に吐き気・めまいがするそうです。

「余程、仕事へ行きたくないんだなあ」

見送りながら、心配でなりませんでした。

 

帰宅は、22時過ぎることも当たり前。

朝とはまた違う、ただならぬ雰囲気で、

「ただいま…」

どんよりした表情で、お弁当も手をつけないまま。

会社で注文しているお弁当をそのまま持って帰って来るので、

当時の私の夕飯は、その手つかずのお弁当でした。

連れには、ちゃんと私が作った温かい食事を用意するのです。

 

そんな毎日が続いていて、3ヵ月経たない頃。

その日も相変わらず、遅い時間、お弁当を残して帰って来ました。

 

夕飯が終わって、いつものように今日起こったことなどを聞いていたら。

「今日仕事の途中に呼び出されて、所長と副所長の3人で面談があった」

ほお、幹部の方々は気にかけてくれているのだろうか?

もっと詳しく、連れに訊きました。

「で、どんな話をしたの?」

「仕事のこととか、いろいろ。『何か問題はないのか?』と聞かれた」

「主任のパワハラのことは話したの?」

「…言えなかった。『何にもありません』って、嘘ついてしまった」

 

はあ?

どうして言えないの?何で!

 

「会社内が筒抜けで、みんなに知られるのが怖かった」

とのこと。

こりゃ、あかんわ。

「今どうにかしないと、ずーっとこのままなんだよ?それでもいいの?」

「…」

「明日、私が会社へ電話して、全部話そうか?」

「それだけは、やめて…」

「でも、せっかく面談で機会があったのに、本当のことを話せなかったんだろう?」

「……」

「言えないのなら、分かった。本気だからな、明日電話するよ!」

 

この機会を逃しては、連れはずーっとこのままパワハラ地獄から抜け出せられない。

そう思う一心で、パソコンですぐに会社の電話番号をサイトで検索しました。

連れに電話番号を書いたメモを見せて、

「この番号で繋がるな?明日の午前中の休憩時間当たりに、会社に電話するからな!いいな?」

連れを、半ば強引にうなづかせました。

 

さあ、明日が勝負!