リーマスおじさん⑤

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

 

5回目となる『リーマスおじさん』シリーズ。今日で最後にします。

また何か思い出したら、書くかもしれませんが、何だか…おじさんをいじっているようで、少し罪悪感が出てきたのです。

そうそう、今日は本題の『リーマスおじさん』と呼ぶようになった経緯を書きます。

 

ある日、突然。

おじさんが病室から、何冊かノートを抱えて、デイルームに居た私のところにやって来ました。

座っていた私に向かって、「ほら、読んでくれ」とノートを差し出す、おじさん。

「え?何…?」

表紙を見ると、日付やら番号やらが書いてある。

「ワシが書いた日記、読んでくれ」

私はびっくりして、

「え?本当に、私が読んでも大丈夫なん?いいの?」

と聞くと、おじさんは頷くだけ。

せっかくなので、さっと斜め読みをさせていただきました。

 

その日記は、リーマス服薬の初日から始まっていたのです。

かなり強い語気で書かれた文体。

 

副作用が、しんどい…苦しい…

何で、こんな処方をするんだ!

俺をどうする気なんだ!!

 

辿々しい字体とともに、『魂の叫び』を感じました。

 

「ワシ、『リーマス』っていうリチウムが入ってる薬を飲んでてな…それが、しんどい」

 

内容は、リーマスを処方されての気持ちの揺れ・不快感や、回診の時に先生へ楯突いて、更に増薬されたりしたこととか、書かれていました。

 

私は読んだあと、開口一番。

「リーマス、ってそんなに副作用がしんどい?」

と、聞きました。

「ああ、しんどい。今も飲んでるけれど、しんどいよ」

 

躁うつ病は、難しい病気です。かなり、デリケートです。

ほんの少しでも、雲泥の差が生じるものです。

処方するからには、医師には責任を持って、もっと注意して診てもらわないと、本当に困ります。

まあ、どのお薬を処方する時でも、同じですがね。

 

だから、先週火曜日の連れの受診日、

「リーマス追加?」

と聞いて、とても心配になったのです。

 

とある精神科の先生は、実際に自分で服薬して、効能を体験してから処方するのだそうです。

「何も、そこまで…」

と思う医師が居られるでしょうけれど、そのくらいの覚悟で処方を決めて欲しいものです。

添付文書だけの知識で安易に処方すると、患者の方はたまったものではありませんからね。

 

 

リーマスおじさん④

おはようございます、今週も眠いけれど、頑張ります!柊木野(ひらぎの)です。

 

先週から続いている、『リーマスおじさん』の話、いかがでしょう?

個人情報もあるので、かなり端折って(はしょって)書いているのですが、雰囲気が伝われば良いのです。

では、続きを始めます。

 

そうこう…と、いう訳で!

入院生活が長いおじさんのことだから、私みたいな新参者にめっちゃ話しかけたかったに違いありません。長いこと病棟に居たら、本当に刺激がありませんからねえ。

 

昔話の他にも、いろいろなことを話してくれました。

病気を発症したのは、おじさんが会社へ勤めている頃のことなので、「障害厚生年金が出ている」とのこと。

「何級なのか?」そんな野暮なことは、聞きませんでした。

おじさんに会った時から、何日間か話す姿を観ていて、明らかだったからです。

それと…

「ワシ、金持ちなんじゃ!」

との言動から、「こりゃ、1級かな…」と感じられました。

何せ、お金を持っているから、「今は総入れ歯だから、インプラントにしたい!」と話していたのです。確か、300万円くらいかかるのだとか?

でも、インプラントはそう容易くはありません。歯医者さんの説明で『3年に一度はケアが必要』とのことを聞かされた、おじさん。流石に年金だけでは金銭面が折り合わず、インプラントを断念しました。

 

おじさん、特にコーラが大好き。毎週火曜日の売店での買い物の時には、必ず1.5Lのペットボトルをぶら下げて帰って来ていました。おじさんは、どんなことがあろうとも、人に分けてくれることはありません。あの病院では、誰もが心まで荒んでしまうのだなあ…と今になって少し可哀想な気持ちがするのです。

 

 

明日は、『リーマスおじさん』と呼ぶようになった経緯を書こうと思います。

お楽しみに♪

 

リーマスおじさん③

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

白髪の、今はもう70歳くらいになっているだろう『リーマスおじさん』の話の続きです。

そうですね、昨日が青春編だったので、今日は社会人編ですね。

 

何とか某国立大学を卒業した、おじさん。

地元へ帰り、某上場企業の技術職として働き始めます。

「◯◯へ勤めてたけれど、ワシはホワイトカラーだから。ブルーじゃあないからな」

これが、口癖でした。本当に何度も何度も話していました。

問題があれば、パソコンを使ってすぐに解決するような、かなりのキレ物だったらしいのです。

 

プライベートでは、学生の頃に知り合った方と結婚。

一男一女を授かったそうです。

ここまでならよくある、幸せそうな人生に聞こえます。

…がっ!

 

ある日の出来事。

おじさんは、車を運転して、ただただ東へ東へ。車を走らせたそうです。

ドライブというには、長いものだったみたい。

何を思ってか?さあ…分からないまま。

本当に分からなかったらしく、ガス欠になるまで走り続けたそうです。

その時、トヨタ車に乗っていたので、付近にあったディーラーの方がお世話してくださったとのこと。

おじさん、曰く。

「トヨタは、サービスがいい!ちゃんと面倒見てくれた」

そんなこと言っても、家族やら周囲の人たちは大騒ぎです!

急にいなくなって、全く違う場所で発見されたのですから。

無事、保護という形だったからこそよかったものの、ご家族の方はさぞ心配なさったでしょうに。

 

燃料切れ

 

帰って来たら、即入院。

検査を受けて、『躁うつ病』と診断。こうして、病院生活が始まったのだそうです。

 

奥さんとは、入院中に『離縁』となり、今は独身とのこと。(苦笑)

奥さん、もうおじさんの奇妙な行動を見るにみかねて、一方的に離婚したとのことです。

奥さんの職業は、ヨガのインストラクター。それで、十分に食べていけるのですって。

 

そうそう、おじさんの子供たち・一男一女は順調に育ち、おじさんに似て優秀!

男の子は関西で建築士をしており、女の子の方は単身カナダへ渡り、通訳の仕事などをしているとか、と聞きました。立派だなあ。

 

ところで、おじさんからすれば勝手に離縁されたわけで。

「そうなんだ、じゃあ今は独身なんですね」と、相槌を打ちながら笑うと、

「もーう、懲り懲り!」

って言ってたっけ。

まあ、自業自得だわなあ。

 

 

次回も、『リーマスおじさん』の話の続きをします。

リーマスおじさん①

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

昨日の最後の方、告知したように、リーマスに関する昔の話をしようと思います。

 

私がここへ引っ越してくる、かなりずいぶん前のこと。

まだ連れにも会っていない頃のことです。

少しの間、病院で療養していた時期がありました。その時に出会った方の話です。

 

白髪のおじさん、年は60歳くらいだったのかな?

病棟の食堂兼デイルームで会った途端、その人は話しかけてきました。

「ワシの話を聞いてくれーっ!」と言わんばかりに。

学生の頃のこと、仕事のこと、いろいろと話してくれました。

その内容は、また明日からゆっくり書こうと考えているので、お楽しみに♪

問題は、このおじさんの人目憚らぬ『テンション』でした。

 

タイトルに、もう『リーマスおじさん』と書いてあるので、お分かりかと思いますが、リーマス服用者・躁うつ病の方だったのです。

 

今更ながら、リーマスの説明をします。

リーマス [炭酸リチウム]

概説:気分の浮き沈みをおさえるお薬です。躁病や躁うつ病の治療に用います。

適用:躁病、および躁うつ病の躁状態

特徴:リチウムを有効成分とする躁病治療薬です。躁病や躁うつ病の治療に標準的に用いられています。眠気やけん怠感を起こすことが少なく、自然な感じで躁症状を取り去ります。過量服用によるリチウム中毒に注意が必要です。

 

私は当初、そんなこと知るはずがなくて、「ちょっと変わった方だなあ…」と思いながら、おじさんの話に耳を傾けていました。

食事の時間が始まるまで、話しっぱなし。食事は席が決められていたので、バラバラになりました。

食事が終わり、お掃除やらが終わって、時間ができると、またおじさんがいーっぱい身の上話をしてくれました。

デイルームで話し込んでる?っぽく見える私たちを、看護師が見ていたらしく…

私が1人でいると、目尻のキツい女の看護師が、

「◯◯さんと、何を話してたの?」

と聞いてきました。

はあ…?

私よりも、喋ってるおじさん本人に聞けば良いのに。

「何…って、普通の会話ですよ」とだけ返したのですが。

この病院は人と会話する内容も、いちいち看護師に伝えなくてはいけないのだろうか?と疑問を持つようになりました。(まあ、評判のよくないところではあったのですが…)

 

長くなったので、今日はここまでにして、明日からはおじさんが語ってくれたお話の内容を、少しだけ書こうと思っています。