リーマスおじさん⑤

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

 

5回目となる『リーマスおじさん』シリーズ。今日で最後にします。

また何か思い出したら、書くかもしれませんが、何だか…おじさんをいじっているようで、少し罪悪感が出てきたのです。

そうそう、今日は本題の『リーマスおじさん』と呼ぶようになった経緯を書きます。

 

ある日、突然。

おじさんが病室から、何冊かノートを抱えて、デイルームに居た私のところにやって来ました。

座っていた私に向かって、「ほら、読んでくれ」とノートを差し出す、おじさん。

「え?何…?」

表紙を見ると、日付やら番号やらが書いてある。

「ワシが書いた日記、読んでくれ」

私はびっくりして、

「え?本当に、私が読んでも大丈夫なん?いいの?」

と聞くと、おじさんは頷くだけ。

せっかくなので、さっと斜め読みをさせていただきました。

 

その日記は、リーマス服薬の初日から始まっていたのです。

かなり強い語気で書かれた文体。

 

副作用が、しんどい…苦しい…

何で、こんな処方をするんだ!

俺をどうする気なんだ!!

 

辿々しい字体とともに、『魂の叫び』を感じました。

 

「ワシ、『リーマス』っていうリチウムが入ってる薬を飲んでてな…それが、しんどい」

 

内容は、リーマスを処方されての気持ちの揺れ・不快感や、回診の時に先生へ楯突いて、更に増薬されたりしたこととか、書かれていました。

 

私は読んだあと、開口一番。

「リーマス、ってそんなに副作用がしんどい?」

と、聞きました。

「ああ、しんどい。今も飲んでるけれど、しんどいよ」

 

躁うつ病は、難しい病気です。かなり、デリケートです。

ほんの少しでも、雲泥の差が生じるものです。

処方するからには、医師には責任を持って、もっと注意して診てもらわないと、本当に困ります。

まあ、どのお薬を処方する時でも、同じですがね。

 

だから、先週火曜日の連れの受診日、

「リーマス追加?」

と聞いて、とても心配になったのです。

 

とある精神科の先生は、実際に自分で服薬して、効能を体験してから処方するのだそうです。

「何も、そこまで…」

と思う医師が居られるでしょうけれど、そのくらいの覚悟で処方を決めて欲しいものです。

添付文書だけの知識で安易に処方すると、患者の方はたまったものではありませんからね。

 

 

リーマスおじさん④

おはようございます、今週も眠いけれど、頑張ります!柊木野(ひらぎの)です。

 

先週から続いている、『リーマスおじさん』の話、いかがでしょう?

個人情報もあるので、かなり端折って(はしょって)書いているのですが、雰囲気が伝われば良いのです。

では、続きを始めます。

 

そうこう…と、いう訳で!

入院生活が長いおじさんのことだから、私みたいな新参者にめっちゃ話しかけたかったに違いありません。長いこと病棟に居たら、本当に刺激がありませんからねえ。

 

昔話の他にも、いろいろなことを話してくれました。

病気を発症したのは、おじさんが会社へ勤めている頃のことなので、「障害厚生年金が出ている」とのこと。

「何級なのか?」そんな野暮なことは、聞きませんでした。

おじさんに会った時から、何日間か話す姿を観ていて、明らかだったからです。

それと…

「ワシ、金持ちなんじゃ!」

との言動から、「こりゃ、1級かな…」と感じられました。

何せ、お金を持っているから、「今は総入れ歯だから、インプラントにしたい!」と話していたのです。確か、300万円くらいかかるのだとか?

でも、インプラントはそう容易くはありません。歯医者さんの説明で『3年に一度はケアが必要』とのことを聞かされた、おじさん。流石に年金だけでは金銭面が折り合わず、インプラントを断念しました。

 

おじさん、特にコーラが大好き。毎週火曜日の売店での買い物の時には、必ず1.5Lのペットボトルをぶら下げて帰って来ていました。おじさんは、どんなことがあろうとも、人に分けてくれることはありません。あの病院では、誰もが心まで荒んでしまうのだなあ…と今になって少し可哀想な気持ちがするのです。

 

 

明日は、『リーマスおじさん』と呼ぶようになった経緯を書こうと思います。

お楽しみに♪

 

リーマスおじさん③

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

白髪の、今はもう70歳くらいになっているだろう『リーマスおじさん』の話の続きです。

そうですね、昨日が青春編だったので、今日は社会人編ですね。

 

何とか某国立大学を卒業した、おじさん。

地元へ帰り、某上場企業の技術職として働き始めます。

「◯◯へ勤めてたけれど、ワシはホワイトカラーだから。ブルーじゃあないからな」

これが、口癖でした。本当に何度も何度も話していました。

問題があれば、パソコンを使ってすぐに解決するような、かなりのキレ物だったらしいのです。

 

プライベートでは、学生の頃に知り合った方と結婚。

一男一女を授かったそうです。

ここまでならよくある、幸せそうな人生に聞こえます。

…がっ!

 

ある日の出来事。

おじさんは、車を運転して、ただただ東へ東へ。車を走らせたそうです。

ドライブというには、長いものだったみたい。

何を思ってか?さあ…分からないまま。

本当に分からなかったらしく、ガス欠になるまで走り続けたそうです。

その時、トヨタ車に乗っていたので、付近にあったディーラーの方がお世話してくださったとのこと。

おじさん、曰く。

「トヨタは、サービスがいい!ちゃんと面倒見てくれた」

そんなこと言っても、家族やら周囲の人たちは大騒ぎです!

急にいなくなって、全く違う場所で発見されたのですから。

無事、保護という形だったからこそよかったものの、ご家族の方はさぞ心配なさったでしょうに。

 

燃料切れ

 

帰って来たら、即入院。

検査を受けて、『躁うつ病』と診断。こうして、病院生活が始まったのだそうです。

 

奥さんとは、入院中に『離縁』となり、今は独身とのこと。(苦笑)

奥さん、もうおじさんの奇妙な行動を見るにみかねて、一方的に離婚したとのことです。

奥さんの職業は、ヨガのインストラクター。それで、十分に食べていけるのですって。

 

そうそう、おじさんの子供たち・一男一女は順調に育ち、おじさんに似て優秀!

男の子は関西で建築士をしており、女の子の方は単身カナダへ渡り、通訳の仕事などをしているとか、と聞きました。立派だなあ。

 

ところで、おじさんからすれば勝手に離縁されたわけで。

「そうなんだ、じゃあ今は独身なんですね」と、相槌を打ちながら笑うと、

「もーう、懲り懲り!」

って言ってたっけ。

まあ、自業自得だわなあ。

 

 

次回も、『リーマスおじさん』の話の続きをします。

リーマスおじさん②

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

昨日の話の続きです。と言うか、『リーマスおじさん』が話してくれた内容・青春編です。

 

私、このブログでは『リーマスおじさん』と表現していますが、(話すことはほとんど無いのですが)他の人に話すときは『インテリおじちゃん』と言い換えております。

と、言うのも!

このおじさん、某国立大学卒のインテリなのです。

昔から、勉強が抜群にできて、頭の出来がよかったおじさん。

ひとつ目の挫折は、高校進学の時に訪れました。

おじさん的には、隣町にある公立進学校へ進みたかった、らしいのですが。

進路相談の時、そのことを先生に話すと、「バカか!」と言われたそうです。

先生的には『入学できたとしても、しんどい思いをするだけだぞ!』と言いたかったらしい、という感じに受け取れました。おじさんのことを思ってこその、発言だったようですね。

 

何だかんだ言っても、勉強のできるおじさん。

結局、無難に近くの公立高校へ進んだそうです。

そこで、進学コースに入っていたみたいです。おじさんの学校では、『F組』というのが進学組だったみたい。『F組、F組』ってばかり話してたから。

さあて、高校では真面目に勉強していたのか、いないのか…そこまでは聞かなかったけれど、多分そんなに勉強していなかったんじゃあないかな?って印象を持ちましたね。あの調子じゃ、はははは。

そりゃ、そうですよね。

本当は、進学校へ行きたかったのですから。テンション下がっちゃいますよね。

 

 

でも、そんな高校生活を送りながらも、某国立大学に合格!

無事に進学した、リーマスおじさん。

下宿生活を始めたそうなのですが、この頃から飲み歩いたりしていたそうで、体調を崩すようになったそうです。

これが、ふたつ目の挫折?…なのかな。

そこで、大学の附属病院に入院していたのですが、これまた抜け出して、酒を浴びるほど飲む…という生活をしていたんだそうです。

「あの病院はな、抜け道があったんだ」なあんて、楽しそうに話してくれました。

大学へは、5年間…だったっけなあ?とにかく、普通の人より多めに通ったそうです。

 

 

長くなったので、今日はここまでにしておきます。

明日は、この続きでーす。

リーマスおじさん①

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

昨日の最後の方、告知したように、リーマスに関する昔の話をしようと思います。

 

私がここへ引っ越してくる、かなりずいぶん前のこと。

まだ連れにも会っていない頃のことです。

少しの間、病院で療養していた時期がありました。その時に出会った方の話です。

 

白髪のおじさん、年は60歳くらいだったのかな?

病棟の食堂兼デイルームで会った途端、その人は話しかけてきました。

「ワシの話を聞いてくれーっ!」と言わんばかりに。

学生の頃のこと、仕事のこと、いろいろと話してくれました。

その内容は、また明日からゆっくり書こうと考えているので、お楽しみに♪

問題は、このおじさんの人目憚らぬ『テンション』でした。

 

タイトルに、もう『リーマスおじさん』と書いてあるので、お分かりかと思いますが、リーマス服用者・躁うつ病の方だったのです。

 

今更ながら、リーマスの説明をします。

リーマス [炭酸リチウム]

概説:気分の浮き沈みをおさえるお薬です。躁病や躁うつ病の治療に用います。

適用:躁病、および躁うつ病の躁状態

特徴:リチウムを有効成分とする躁病治療薬です。躁病や躁うつ病の治療に標準的に用いられています。眠気やけん怠感を起こすことが少なく、自然な感じで躁症状を取り去ります。過量服用によるリチウム中毒に注意が必要です。

 

私は当初、そんなこと知るはずがなくて、「ちょっと変わった方だなあ…」と思いながら、おじさんの話に耳を傾けていました。

食事の時間が始まるまで、話しっぱなし。食事は席が決められていたので、バラバラになりました。

食事が終わり、お掃除やらが終わって、時間ができると、またおじさんがいーっぱい身の上話をしてくれました。

デイルームで話し込んでる?っぽく見える私たちを、看護師が見ていたらしく…

私が1人でいると、目尻のキツい女の看護師が、

「◯◯さんと、何を話してたの?」

と聞いてきました。

はあ…?

私よりも、喋ってるおじさん本人に聞けば良いのに。

「何…って、普通の会話ですよ」とだけ返したのですが。

この病院は人と会話する内容も、いちいち看護師に伝えなくてはいけないのだろうか?と疑問を持つようになりました。(まあ、評判のよくないところではあったのですが…)

 

長くなったので、今日はここまでにして、明日からはおじさんが語ってくれたお話の内容を、少しだけ書こうと思っています。

 

 

今日は、連れの受診日

今日は、連れの受診日でした。

私もついて行って、帰りに4日分の食料品を調達してきました。

 

最近、連れの体調がかなり良くないので、診察室から出てきた連れに向かって、

「お薬、増えたの?」

と聞いたのですが、「そのまま」だと言っています。

薬を増やすなら、リーマス…とか?話してたそうです。

 

先生、変なことを言うなあ。

私はどちらかと言えば、睡眠改善の方をして欲しかったなあ…

まあ、連れが伝えきれなかったのかもしれないけれど、そこは汲んで頂かないと。

でも、簡単に眠剤を増やすだけでは、どうしようもないのも分かります。

 

今日で、Amazonプライムデーは終了しますよーっ!

プライム会員の方は、お買い忘れなくっ!

 

 

私はと言うと、今日の14時〜16時の間に重い荷物が届く予定です。

(飲料や、お米などなどです。)

 

今日は何だか、ウダウダした内容になってしまって、すみません…

明日からは、きちっと書きますよ!

そうだ、リーマスが話題に出たので、ちょっと前の…昔の話をしてみようかな、と思っています。

それでは、明日…

お楽しみにっ♪

 

今日は、受診日

今日は受診日、12時前に帰って来ました。

受診の日は、朝から気を張りながら起きています。

だからでしょうか?お昼のカレーライスを食べ終えると、ガツーンと眠気が襲いました。

午後イチはただでさえ眠たいのに、拍車をかけてしまったようです。

 

「ちょっとだけ、ちょっとだけ…」と、

チョビっとだけ眠るつもりが、気がついたら15時過ぎていて、びっくり!

「ヤバい!ご飯をセットしておかなくては…」

さあ、晩ご飯は何にしようかなあ?と考えていたら、連れが…

「お惣菜のローストビーフを買ってあるよ」

と言われ、すっかり忘れていたことに気がつきました。

そうか、ローストビーフ丼にするんだったわ。

ヤバい、ヤバい!

(私は、お魚の方が好きなのだけれどなあ…)

 

そんなこんなで、1日が過ぎました。

あ、連れが「上の階の住人が、毎日ドスドス音を出して相当うるさいから、不動産屋へ電話した」と話していたなあ。

電話で注意してくれるらしいけれど、治るかなあ?

 

安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

 

あ、ひとつだけ。

今日は、気になる点がひとつありました。

病院で会計を待っている時、咳が止まらなくなって困りました。

このご時世、咳なんかしたら、白い目で見られるわ…!

何とか収めようとしたけれど、止めようと意識するともっと酷くなってきて、大変でした。

 

お風呂上がりに歯磨きをするのですけど、仕上げの喉うがいの時。

終わってから吐き出すと、

あ、赤い…!

薄い血の色をしていたので、びっくりしました。

いやあ、ほんの少しならいつもあるので大丈夫なのだけれど、流石に今日のような状態は初めてだったので、一瞬「吐血かあ?」と、ビビってしまいました。

おそらくは、激しく咳をしたり、我慢したことでの炎症だろうなあ、と推察しています。

明日は、飴ちゃんを舐めながら、大人しくしていようと思います。

しばらくは静観、静観。

 

 

今日は、受診日

ただいまーっ!

12時過ぎにお昼やらを買って、ようやく戻って来ました。

 

今日は連れの、2週間に一度の受診日です。

朝から、連れに付いて行って来ました。

9:15の予約なので、8:30過ぎには着いていないと。

 

ドライブを快適に!(JAF)

 

自動再診受付機で手続きをしたら、もう『267』!

さすがは、大学病院ですね。

コロナの影響で受付時間が8:00からと遅くなったのですが、もう人集りができていました。

 

いつものように受診を済ませた連れに、「どうだった?」と聞くと、

「今度の受診は2週間後の5月11日、お薬の処方は変わらず」とのこと。

 

ちなみに、今の連れの処方されているお薬を紹介しますね。

 

【朝】

セニラン(レキソタン) 2mg

リーマス 200mg

 

【昼】

なし

 

【晩】

レクサプロ 10mg×2錠

リーマス 200mg

 

【寝る前】

ベルソムラ 20mg

ルネスタ 3mg

トラドゾン 25mg

 

以上です。

※トラドゾンは、一応頓服の眠剤なのですが、連れは欠かさずに飲んでいるようです。

 

この処方の通り、連れはうつ病で、しかも躁鬱の傾向があります。浮き沈みが激しいのです。

仕事の際、締め切りや量に追われたりすると、いまだに過呼吸やら動悸やらが起こるらしいのです。

昨夜もそうでしたが、帰宅が20時過ぎになってしまったり…

今日が受診日で休みを取るので、ある程度の仕事量をこなさねばならず、昨日の場合は仕方がないのですが。

 

先生にも「ゆっくりお仕事できるように、心がけましょうね」と言われたそうです。

もう、その通りなのです!

どんな仕事もそうですが、常に『スピード』だの言う輩にロクな奴はいやしません!

ゆっくりで良いのです。

自分のペースで続けること、『継続は力なり』なのです。

 

 

おやすみのはじまり…『自立支援医療受給者証』の交付

どうも、柊木野(ひらぎの)です。

今日も朝っぱらから、片付けに追われております。

いつも、ちゃんと整理・整頓する習慣があれば、こんなことにはならないのです。

反省、反省…(しかし、参ったわ!)

 

今日の一曲は、中島愛(めぐみ)さんのシングル『メロディ』から。

♪夏鳥

『 NO MUSIC, NO LIFE. 』 タワーレコードの公式通販

 

この曲は、『たまゆら』の、第3話くらいだったかなあ…挿入歌&ED曲です。

すっごい感動シーンでBGMとして流れるので、今こうして聴くだけでも思い出してしまって、めっちゃ泣けます。

曲もそうですが、『たまゆら』もチェックしてくださいね。

 


さあ、連れの話の続きです。

病院の先生も診断書を書いてくれて、年末・年始明けあたりまで休職することになりました。

初めの方は1週間に1回ペースで受診していたので、再診の費用・処方薬など、医療費も半端な額じゃあありませんでした。

(3割負担で、月額10,000円以上はかかっていたと思います。)

そこで、役所へ行って『自立支援医療受給者証』を交付してもらって、3割→1割負担で受けられるように手続きをしました。

 

この、『自立支援医療受給者証』

上記の通り、ざっくり説明すると「精神科でかかる医療費を、1割負担に軽減できる」という制度が適用される証なのです。

 

交付を受ける際、注意することが何点かあります。

・まず最初に、受診する病院、処方してもらう調剤薬局を決める。他の場所では無効。

・同じ病院、薬局だとしても、精神科以外にかかると3割負担になる。

(例えば、「採血をする」→「貧血だと分かる」→「鉄剤を処方される」。これは3割負担に相当する、という訳です。)

・受診や薬局へ行く度に受給者証を持参、提示して適用される。

・当人の収入額により、人によって月の上限額が決まっている。

…ことくらいかな?

収入額に関係しますが、最大上限は20,000円だったような気がします。

(この制度は私も受けていますが、1ヵ月に1度の受診の上、ほぼジェネリックばかりの処方薬なので、私自身の上限額よりもかなり安くて済んでいます。)

 

もちろん、すぐに交付!という訳にはいきません。確か、2ヵ月ほどかかったと思います。

「でも、交付されるまでの医療費は?」と、思いますよね?

そこは、大丈夫!

申請した日からの適用になるので、その旨を病院や薬局に話せば、お金は要らないのです。

精神科へかかるなら、ぜひ早めに役所回りを済ませて、相談しておきましょう!

 

いろいろなところに提出する診断書だの、それの受け取りだの。当初は病院と役所を行ったり来たりばかりしていました。

この手続き。連れとしては、かなりしんどかったようです。

でもせっかく制度があるので、ちゃんと使わないと損をしますからねえ。

 

この続きは、また明日!

 

ドライブを快適に!(JAF)

 

精神科、デビュー

どうも、柊木野(ひらぎの)です!

今日は、この一曲。

Official髭男dism の1stアルバム『 Traveler』から、

♪宿命

一昨年の夏の高校野球テーマソングでした。ABC(朝日放送)らしい選曲ですねえ。

Official髭男dismの中でも、とても好きな曲です。

 

 

それでは、連れの話の続きです。

絶対にハズレじゃない!

民間クリニックの選び方って、本当に難しいですね。

(実際に通院している方の口コミが、一番だとは思うのですが…)

先のクリニックのようなことにならないように、連れには私の通っている大学病院の担当医を選ぶように勧めました。

1週間〜10日間くらいかな?少し日にちがかかりましたが、何とか予約確保。

9月初旬の晩夏と言えども、まだ暑い最中、連れと一緒に大学病院へ行きました。

 

 

 

担当医の先生はまだ若いのですが、とても優しく、細やかに現状と感情を汲み取ってくれるのです。本当に良いお医者さまなのです。

 

連れは初診なので、まずはじめに専門の方からの問診があり、その後先生の診察がありました。

「クリニックで、こんな処方をされたのですが」

と、連れがお薬手帳を見せたところ、先生は…

「え…うわあ…」

と、言葉が出なかったとのことでした。

 

やっぱり、私の思った通りだったな。

そして、先生が処方してくれたのが、↓こんな感じ。

 

【朝】

セニラン    2mg

 

【昼】

なし

 

【夕】

レクサプロ   10mg

 

【就寝前】

△ルネスタ   1mg

 

【不眠時】

△ベルソムラ  20mg

 

薬品名の前に△を付けたものは、ジェネリック(後発品)がない薬です。

全体的に比較的新しい薬、ジェネリックがない処方が多いのが大学病院ならでは、といったところでしょうか。

でも、先のクリニックよりかは安心できるチョイスだな、と思いました。

 

この中で、うつ病の薬はレクサプロだけです。

セニランは気分を安定させる作用があります。

ルネスタ・ベルソムラは、良く眠れるような眠剤系ですね。

レクサプロ以外は、私も全部飲んだことがあるので、効果は良くわかります。

 

 

 

さあ、ちゃんとお医者さまが決まったところで、しっかり身体を休めるところまで辿り着きました。

でもこの時点では、まだあんな『難関』があるとは思っていなかったのです。

この続きは、次回にしますね。

 

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン