リーマスおじさん⑤

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

 

5回目となる『リーマスおじさん』シリーズ。今日で最後にします。

また何か思い出したら、書くかもしれませんが、何だか…おじさんをいじっているようで、少し罪悪感が出てきたのです。

そうそう、今日は本題の『リーマスおじさん』と呼ぶようになった経緯を書きます。

 

ある日、突然。

おじさんが病室から、何冊かノートを抱えて、デイルームに居た私のところにやって来ました。

座っていた私に向かって、「ほら、読んでくれ」とノートを差し出す、おじさん。

「え?何…?」

表紙を見ると、日付やら番号やらが書いてある。

「ワシが書いた日記、読んでくれ」

私はびっくりして、

「え?本当に、私が読んでも大丈夫なん?いいの?」

と聞くと、おじさんは頷くだけ。

せっかくなので、さっと斜め読みをさせていただきました。

 

その日記は、リーマス服薬の初日から始まっていたのです。

かなり強い語気で書かれた文体。

 

副作用が、しんどい…苦しい…

何で、こんな処方をするんだ!

俺をどうする気なんだ!!

 

辿々しい字体とともに、『魂の叫び』を感じました。

 

「ワシ、『リーマス』っていうリチウムが入ってる薬を飲んでてな…それが、しんどい」

 

内容は、リーマスを処方されての気持ちの揺れ・不快感や、回診の時に先生へ楯突いて、更に増薬されたりしたこととか、書かれていました。

 

私は読んだあと、開口一番。

「リーマス、ってそんなに副作用がしんどい?」

と、聞きました。

「ああ、しんどい。今も飲んでるけれど、しんどいよ」

 

躁うつ病は、難しい病気です。かなり、デリケートです。

ほんの少しでも、雲泥の差が生じるものです。

処方するからには、医師には責任を持って、もっと注意して診てもらわないと、本当に困ります。

まあ、どのお薬を処方する時でも、同じですがね。

 

だから、先週火曜日の連れの受診日、

「リーマス追加?」

と聞いて、とても心配になったのです。

 

とある精神科の先生は、実際に自分で服薬して、効能を体験してから処方するのだそうです。

「何も、そこまで…」

と思う医師が居られるでしょうけれど、そのくらいの覚悟で処方を決めて欲しいものです。

添付文書だけの知識で安易に処方すると、患者の方はたまったものではありませんからね。

 

 

リーマスおじさん④

おはようございます、今週も眠いけれど、頑張ります!柊木野(ひらぎの)です。

 

先週から続いている、『リーマスおじさん』の話、いかがでしょう?

個人情報もあるので、かなり端折って(はしょって)書いているのですが、雰囲気が伝われば良いのです。

では、続きを始めます。

 

そうこう…と、いう訳で!

入院生活が長いおじさんのことだから、私みたいな新参者にめっちゃ話しかけたかったに違いありません。長いこと病棟に居たら、本当に刺激がありませんからねえ。

 

昔話の他にも、いろいろなことを話してくれました。

病気を発症したのは、おじさんが会社へ勤めている頃のことなので、「障害厚生年金が出ている」とのこと。

「何級なのか?」そんな野暮なことは、聞きませんでした。

おじさんに会った時から、何日間か話す姿を観ていて、明らかだったからです。

それと…

「ワシ、金持ちなんじゃ!」

との言動から、「こりゃ、1級かな…」と感じられました。

何せ、お金を持っているから、「今は総入れ歯だから、インプラントにしたい!」と話していたのです。確か、300万円くらいかかるのだとか?

でも、インプラントはそう容易くはありません。歯医者さんの説明で『3年に一度はケアが必要』とのことを聞かされた、おじさん。流石に年金だけでは金銭面が折り合わず、インプラントを断念しました。

 

おじさん、特にコーラが大好き。毎週火曜日の売店での買い物の時には、必ず1.5Lのペットボトルをぶら下げて帰って来ていました。おじさんは、どんなことがあろうとも、人に分けてくれることはありません。あの病院では、誰もが心まで荒んでしまうのだなあ…と今になって少し可哀想な気持ちがするのです。

 

 

明日は、『リーマスおじさん』と呼ぶようになった経緯を書こうと思います。

お楽しみに♪

 

リーマスおじさん③

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

白髪の、今はもう70歳くらいになっているだろう『リーマスおじさん』の話の続きです。

そうですね、昨日が青春編だったので、今日は社会人編ですね。

 

何とか某国立大学を卒業した、おじさん。

地元へ帰り、某上場企業の技術職として働き始めます。

「◯◯へ勤めてたけれど、ワシはホワイトカラーだから。ブルーじゃあないからな」

これが、口癖でした。本当に何度も何度も話していました。

問題があれば、パソコンを使ってすぐに解決するような、かなりのキレ物だったらしいのです。

 

プライベートでは、学生の頃に知り合った方と結婚。

一男一女を授かったそうです。

ここまでならよくある、幸せそうな人生に聞こえます。

…がっ!

 

ある日の出来事。

おじさんは、車を運転して、ただただ東へ東へ。車を走らせたそうです。

ドライブというには、長いものだったみたい。

何を思ってか?さあ…分からないまま。

本当に分からなかったらしく、ガス欠になるまで走り続けたそうです。

その時、トヨタ車に乗っていたので、付近にあったディーラーの方がお世話してくださったとのこと。

おじさん、曰く。

「トヨタは、サービスがいい!ちゃんと面倒見てくれた」

そんなこと言っても、家族やら周囲の人たちは大騒ぎです!

急にいなくなって、全く違う場所で発見されたのですから。

無事、保護という形だったからこそよかったものの、ご家族の方はさぞ心配なさったでしょうに。

 

燃料切れ

 

帰って来たら、即入院。

検査を受けて、『躁うつ病』と診断。こうして、病院生活が始まったのだそうです。

 

奥さんとは、入院中に『離縁』となり、今は独身とのこと。(苦笑)

奥さん、もうおじさんの奇妙な行動を見るにみかねて、一方的に離婚したとのことです。

奥さんの職業は、ヨガのインストラクター。それで、十分に食べていけるのですって。

 

そうそう、おじさんの子供たち・一男一女は順調に育ち、おじさんに似て優秀!

男の子は関西で建築士をしており、女の子の方は単身カナダへ渡り、通訳の仕事などをしているとか、と聞きました。立派だなあ。

 

ところで、おじさんからすれば勝手に離縁されたわけで。

「そうなんだ、じゃあ今は独身なんですね」と、相槌を打ちながら笑うと、

「もーう、懲り懲り!」

って言ってたっけ。

まあ、自業自得だわなあ。

 

 

次回も、『リーマスおじさん』の話の続きをします。

リーマスおじさん②

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

昨日の話の続きです。と言うか、『リーマスおじさん』が話してくれた内容・青春編です。

 

私、このブログでは『リーマスおじさん』と表現していますが、(話すことはほとんど無いのですが)他の人に話すときは『インテリおじちゃん』と言い換えております。

と、言うのも!

このおじさん、某国立大学卒のインテリなのです。

昔から、勉強が抜群にできて、頭の出来がよかったおじさん。

ひとつ目の挫折は、高校進学の時に訪れました。

おじさん的には、隣町にある公立進学校へ進みたかった、らしいのですが。

進路相談の時、そのことを先生に話すと、「バカか!」と言われたそうです。

先生的には『入学できたとしても、しんどい思いをするだけだぞ!』と言いたかったらしい、という感じに受け取れました。おじさんのことを思ってこその、発言だったようですね。

 

何だかんだ言っても、勉強のできるおじさん。

結局、無難に近くの公立高校へ進んだそうです。

そこで、進学コースに入っていたみたいです。おじさんの学校では、『F組』というのが進学組だったみたい。『F組、F組』ってばかり話してたから。

さあて、高校では真面目に勉強していたのか、いないのか…そこまでは聞かなかったけれど、多分そんなに勉強していなかったんじゃあないかな?って印象を持ちましたね。あの調子じゃ、はははは。

そりゃ、そうですよね。

本当は、進学校へ行きたかったのですから。テンション下がっちゃいますよね。

 

 

でも、そんな高校生活を送りながらも、某国立大学に合格!

無事に進学した、リーマスおじさん。

下宿生活を始めたそうなのですが、この頃から飲み歩いたりしていたそうで、体調を崩すようになったそうです。

これが、ふたつ目の挫折?…なのかな。

そこで、大学の附属病院に入院していたのですが、これまた抜け出して、酒を浴びるほど飲む…という生活をしていたんだそうです。

「あの病院はな、抜け道があったんだ」なあんて、楽しそうに話してくれました。

大学へは、5年間…だったっけなあ?とにかく、普通の人より多めに通ったそうです。

 

 

長くなったので、今日はここまでにしておきます。

明日は、この続きでーす。

リーマスおじさん①

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

昨日の最後の方、告知したように、リーマスに関する昔の話をしようと思います。

 

私がここへ引っ越してくる、かなりずいぶん前のこと。

まだ連れにも会っていない頃のことです。

少しの間、病院で療養していた時期がありました。その時に出会った方の話です。

 

白髪のおじさん、年は60歳くらいだったのかな?

病棟の食堂兼デイルームで会った途端、その人は話しかけてきました。

「ワシの話を聞いてくれーっ!」と言わんばかりに。

学生の頃のこと、仕事のこと、いろいろと話してくれました。

その内容は、また明日からゆっくり書こうと考えているので、お楽しみに♪

問題は、このおじさんの人目憚らぬ『テンション』でした。

 

タイトルに、もう『リーマスおじさん』と書いてあるので、お分かりかと思いますが、リーマス服用者・躁うつ病の方だったのです。

 

今更ながら、リーマスの説明をします。

リーマス [炭酸リチウム]

概説:気分の浮き沈みをおさえるお薬です。躁病や躁うつ病の治療に用います。

適用:躁病、および躁うつ病の躁状態

特徴:リチウムを有効成分とする躁病治療薬です。躁病や躁うつ病の治療に標準的に用いられています。眠気やけん怠感を起こすことが少なく、自然な感じで躁症状を取り去ります。過量服用によるリチウム中毒に注意が必要です。

 

私は当初、そんなこと知るはずがなくて、「ちょっと変わった方だなあ…」と思いながら、おじさんの話に耳を傾けていました。

食事の時間が始まるまで、話しっぱなし。食事は席が決められていたので、バラバラになりました。

食事が終わり、お掃除やらが終わって、時間ができると、またおじさんがいーっぱい身の上話をしてくれました。

デイルームで話し込んでる?っぽく見える私たちを、看護師が見ていたらしく…

私が1人でいると、目尻のキツい女の看護師が、

「◯◯さんと、何を話してたの?」

と聞いてきました。

はあ…?

私よりも、喋ってるおじさん本人に聞けば良いのに。

「何…って、普通の会話ですよ」とだけ返したのですが。

この病院は人と会話する内容も、いちいち看護師に伝えなくてはいけないのだろうか?と疑問を持つようになりました。(まあ、評判のよくないところではあったのですが…)

 

長くなったので、今日はここまでにして、明日からはおじさんが語ってくれたお話の内容を、少しだけ書こうと思っています。

 

 

君住む街で (on the street where you live)

6月に入って、暑い日が続きそうですね。

プロ野球日和なのはいいことですが、あまりにも熱すぎても困ります。

今日も場所によっては『真夏日』なあんてところもあるそうですから、気をつけましょう。

今年の夏も、マスクを着けなければなりませんからね。

 



 

今日の一曲は、爽快感あり、かつちょっと切ない曲にしましょう。

1964年のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』挿入歌。

ビル・シャーリーが歌っている…

♪on the street where you live

TOWER RECORDS ONLINE

 

演じているのは、ジェレミー・ブレットですね。

同じくこの作品で、主役オードリー・ヘップバーンが歌っていないのと同じです。

(だから、この作品は『アカデミー賞』総なめだったのにも関わらず、『主演女優賞』だけが獲れなかった、とか言われていますね。)

 

何はともあれ、良い曲です。大好きな一曲。

あの、ナット・キング・コールもカバーしていますねえ。そのバージョンも良いですよ。

でも私は、基本的にオリジナル派、ちょっぴりこだわりがあるのです。

 

↓ちょっと画像と音源が荒いですが、映画そのままを一部取り上げたものです。

 

メロディはもちろん、字幕の歌詞にも注目して欲しいです。

とても切ないです。

でも、恋したら、みんなこの人みたいになるのかもしれませんね。

 

寝ても覚めても、忘れられない。

人の目なんて、気にしない。

君住む街で、ずっと佇んでいたい。

 

ああ、なんて素敵。こんな恋に、少しだけ憧れる今日この頃。

 

あ、最近は『今日の一曲』に力を入れすぎ…かなあ?

私自身は、最近ちょっと調子が良くないのです。

その分、今のところは音楽の力を借りております。

これも年の功ですなあ、良い曲なら溢れるほど頭の中にあるのです。

 

 

しんぱい、しんぱい

おはようございます。

昨夜は、阪神タイガース、7対1で巨人に快勝!

ドラ2の伊藤将司投手が、7回1失点と投げ切り、プロ初勝利を飾りました。

投打ともに阪神の良いところが全面に出ましたね。

巨人との始めのカード、勝ち越しが決まって少しホッとしています。

 

 

では、昨日からのお話の続きです。

 

2回目に会ってお昼を食べに行った時。

アプリに表示されてて分かっているだろうけれど、改めて連れに確かめました。

「私、6歳年上何だけれど、いいの?」

「全然ーっ、いいよ!」

ハンバーグを頬張りながら、ニコニコ笑ってくれたのを、今でも覚えています。

(マッチングアプリで『+ー5歳』で検索していたけれど、私の誕生日の関係で6歳差になってしまった…)

 

 

連れと会ってからというもの、大体2週間ごとに会いに来てくれました。

片道2時間半…高速に乗って、来てくれたのです。

もちろん、日帰りで。

初回は、私の住んでいる比較的近所でお食事して、一緒にカラオケをするように、私が予約しましたのですが…費用は、連れが全部出してくれました。

基本は、連れが朝7時過ぎに家を出て、10〜11時の待ち合わせをして、小一時間ほどの場所にあるショッピングモールまでドライブ。18時には私を送ってくれて21時近くに帰路に着く、という…

 

どれだけ運転好きなんだよ!

 

その当時はもう、会う度に申し訳ない気持ちでいっぱいで、何が何だかわかりませんでした。

しかも!毎回のように、お昼ご飯を奢ってくれるのです。

「当然でしょう?」と思う方が多いかもしれませんが、いやいや…

私も対抗して、お土産やプレゼント、手作りのお菓子をいろいろと持たせて返すのですが、連れの並々ならぬ労力やら懐具合やらを考えると、もう気が気ではなかったのです。

 

連れとは、ドライブの合間にさまざまな話をしました。

聞けば、仕事のために実家を離れ、会社の近くのアパートで暮らしているとのこと。

仕事は医療関係。訳あって専門学校に通い、資格取得をしたそうです。

今の会社に決めたのは、その資格が活かせるから。

全国に営業所などがあり、その業界では大手なのだそうです。

 

仕事について、連れに質問して話を聞く度に、何だか変なこと言うようになって来ました。

 

どんどんと明るみになって来ますよ。

闇の部分が…

 

「17時半が退社時間なんだけれど、主任が『タイムカード打刻して来て、仕事やれ』って」

「ずっと残業ばかりで、前の日も22時過ぎまで仕事してたよ」

「仕事が終わっても、残って主任の話を聞かないといけない」

 

…は?

それって、真っ黒じゃねえか!?

その主任ってヤツは、何者だ?

 

それも!

部署の中では連れ1人だけ、そんな目に遭っているというではないですか!?

みんな、知っててみて見ぬ振りかよ!

何だか、聞けば聞くほど腹が立って来ました。

ただ、私には全部正直に話してくれて、本当に良かったと思います。

当時は、帰って行く車を見送りながら、心配するしかありませんでした。

 

連れに会いはじめてから、2回目くらいにプレゼントしてくれた本。

『ありがとうの花束』

ひたすら、「ありがとう」って語ってる詩集です。

ページをめくる度に、きれいな花に包まれて、心が温かくなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうして、この本くれたのかなあ。

今晩、改めて聞いてみようかなあ?

 



 

はじまり、はじまり

昨日は阪神タイガース、勝ちましたねえ!

途中買い物に出て帰って来たら、画面の応援団が『六甲おろし』を歌ってる最中でした。

雨の中、大変でしたね…

あ、昨日書いた通り巨人が好きじゃない訳ではないのです。

ちゃんと観ているのです、岡本選手の第一打席・レフトへの当たりも凄かったし。

ただ、サンチェスが可哀想だったかなあ…

 

 

じゃあなくって!

今日から少しずつ、連れのこととか、今に至るまでの諸々を書き留めていきます。

 

ことの始まりは、5年前。

極親しい4人で、お食事・カラオケと、女子会をしたのです。

私以外3人の友達は、結婚→子育て+パートと、忙しい日々を過ごしているようす。

その中の1人から、

「この先ずっと、独りでいるつもり?考えた方がいいよ」

まあ、その時は私も毎日会社員として働き、充実していたので余裕がなかったのです。

かと言うその子は、今の旦那さまとは『出会い系』で知り合ったとか。

 

出会い…そうねえ。

『出会い系』でも、ちゃんとしたサイトならば!

と App Store で公式の安全なところを見つけて、登録してみました。

いわゆる『マッチングアプリ』です。

(顔の画像付き証明書などを添付して、確か Facebook で10人以上友達がいないと登録不可の、皆さまが知ってるあの有名サイトです。)

 

近場で、年齢は私と+ー5歳くらいで、タバコ・酒・ギャンブルはダメ。

このくらいの設定で検索をしてみたら…

そーう!

今の連れがヒットしたのです、何という運命的な出会い。

最初は私の方から、連れへメッセージを送ってみました。

(連れは散々さくらメッセージを貰っていたらしいです。でも、私のメッセージだけは違う、と分かってくれたみたい。)

3ヵ月間はサイト内のメッセージ機能でやりとりをして、それから LINE をするようになりました。

 

初めて会うきっかけ。バレンタインデーが近かったので、

「チョコレート、欲しいですか?」

という何気ないイベントに乗っかった形でした。

2人とも休みの日、私の住む近くのお店で待ち合わせて、連れが来てくれたのですが。

「初めまして、◯◯のどの辺りですか?」と詳しい住所を聞いたら、

「高速で2時間半かけて来た」と言われて、恐縮してしまいました。

えーっ!? 確かに隣の県だけど、ナビだけを頼りによく来たなあ!

 

その時、連れに潜む暗い一面に気づいてか気づかずか、初対面で何となく違和感を覚えた私でした。

今日はここまでにしますね。