お引越し、お引越し

おはようございます。

今週半ばから目覚めが良くなって、調子が良いので嬉しい限りです。

毎朝、「今日一日どんな音楽を聴きながら過ごそうか?」

考えるのが、とても楽しいのです。

今朝のBGMは、小野リサのベストアルバム『Complete Best  Vol.1』から。

♪Passeio NaS Estrelas(星の散歩)

 

今日も、昨日の続き・連れとのこれまでの経緯を書きます。

付き合いは続き、GWや年末年始などには、連れの実家に行くまでになりました。

 

連れはひとりっ子で、お父さん・お母さんと3人家族。

ご両親はとても優しくて、素晴らしい方です。

こんな環境で育ったから、連れは素直で純心なのねえ。

ちょっとおとなしめで控えめな性格なのが仇となって、職場の『主任』とやらに目をつけられたのだな。

 

そして、付き合ってから3年目。

元号が「平成」から「令和」に変わるGWの10連休に、連れと一緒に住むことになりました。

今日のテーマの『お引越し、お引越し』です。

私はひとり暮らしをしていたので、結構スムースにことが進みました。

彼も会社指定のアパートから、2人同時にわちゃわちゃ転居しました。



私は以前から病院に通っていて、転院しなくてはならないので、その点を加味して住居地域を決めました。連れは、会社からかなり遠くなってしまったので、ちょっと申し訳ないかなあ…負担になっていないか、今現在でもちょっと心配しています。

 

やっぱり、部屋に誰か居るっていいものですねえ。

自分1人だと、手抜きだらけの日々になってしまっていたのですが、例えば…

「1日3食。決まった時間に揃って食卓を囲む」

そんな当たり前のことが、妙に新鮮に感じました。

一人暮らしが長くて、もう何年もそういうことをしていなかったので。

連れの実家へお邪魔した時も、もちろん一緒にお食事させていただくのですが、

「ああ、こういうのが普通の家庭なんだなあ…」

心の底から、じわーっ…と幸せが滲み出てくるような感覚がありました。

入籍はせず、今のところ『ルームシェア』という形ですが、あまり気にしていません。

うちの親は連れに会った時に言い寄っていましたが、事情を知らないから。

連れの負担になってはいけませんからねえ。

 

そして!

一緒に暮らし始めて、はじめて分かることも多々あるわけで。

ここから先は重要なので、今日のところはここまでにしますね。