はじまり、はじまり

昨日は阪神タイガース、勝ちましたねえ!

途中買い物に出て帰って来たら、画面の応援団が『六甲おろし』を歌ってる最中でした。

雨の中、大変でしたね…

あ、昨日書いた通り巨人が好きじゃない訳ではないのです。

ちゃんと観ているのです、岡本選手の第一打席・レフトへの当たりも凄かったし。

ただ、サンチェスが可哀想だったかなあ…

 

 

じゃあなくって!

今日から少しずつ、連れのこととか、今に至るまでの諸々を書き留めていきます。

 

ことの始まりは、5年前。

極親しい4人で、お食事・カラオケと、女子会をしたのです。

私以外3人の友達は、結婚→子育て+パートと、忙しい日々を過ごしているようす。

その中の1人から、

「この先ずっと、独りでいるつもり?考えた方がいいよ」

まあ、その時は私も毎日会社員として働き、充実していたので余裕がなかったのです。

かと言うその子は、今の旦那さまとは『出会い系』で知り合ったとか。

 

出会い…そうねえ。

『出会い系』でも、ちゃんとしたサイトならば!

と App Store で公式の安全なところを見つけて、登録してみました。

いわゆる『マッチングアプリ』です。

(顔の画像付き証明書などを添付して、確か Facebook で10人以上友達がいないと登録不可の、皆さまが知ってるあの有名サイトです。)

 

近場で、年齢は私と+ー5歳くらいで、タバコ・酒・ギャンブルはダメ。

このくらいの設定で検索をしてみたら…

そーう!

今の連れがヒットしたのです、何という運命的な出会い。

最初は私の方から、連れへメッセージを送ってみました。

(連れは散々さくらメッセージを貰っていたらしいです。でも、私のメッセージだけは違う、と分かってくれたみたい。)

3ヵ月間はサイト内のメッセージ機能でやりとりをして、それから LINE をするようになりました。

 

初めて会うきっかけ。バレンタインデーが近かったので、

「チョコレート、欲しいですか?」

という何気ないイベントに乗っかった形でした。

2人とも休みの日、私の住む近くのお店で待ち合わせて、連れが来てくれたのですが。

「初めまして、◯◯のどの辺りですか?」と詳しい住所を聞いたら、

「高速で2時間半かけて来た」と言われて、恐縮してしまいました。

えーっ!? 確かに隣の県だけど、ナビだけを頼りによく来たなあ!

 

その時、連れに潜む暗い一面に気づいてか気づかずか、初対面で何となく違和感を覚えた私でした。

今日はここまでにしますね。