リーマスおじさん③

おはようございます、柊木野(ひらぎの)です。

白髪の、今はもう70歳くらいになっているだろう『リーマスおじさん』の話の続きです。

そうですね、昨日が青春編だったので、今日は社会人編ですね。

 

何とか某国立大学を卒業した、おじさん。

地元へ帰り、某上場企業の技術職として働き始めます。

「◯◯へ勤めてたけれど、ワシはホワイトカラーだから。ブルーじゃあないからな」

これが、口癖でした。本当に何度も何度も話していました。

問題があれば、パソコンを使ってすぐに解決するような、かなりのキレ物だったらしいのです。

 

プライベートでは、学生の頃に知り合った方と結婚。

一男一女を授かったそうです。

ここまでならよくある、幸せそうな人生に聞こえます。

…がっ!

 

ある日の出来事。

おじさんは、車を運転して、ただただ東へ東へ。車を走らせたそうです。

ドライブというには、長いものだったみたい。

何を思ってか?さあ…分からないまま。

本当に分からなかったらしく、ガス欠になるまで走り続けたそうです。

その時、トヨタ車に乗っていたので、付近にあったディーラーの方がお世話してくださったとのこと。

おじさん、曰く。

「トヨタは、サービスがいい!ちゃんと面倒見てくれた」

そんなこと言っても、家族やら周囲の人たちは大騒ぎです!

急にいなくなって、全く違う場所で発見されたのですから。

無事、保護という形だったからこそよかったものの、ご家族の方はさぞ心配なさったでしょうに。

 

燃料切れ

 

帰って来たら、即入院。

検査を受けて、『躁うつ病』と診断。こうして、病院生活が始まったのだそうです。

 

奥さんとは、入院中に『離縁』となり、今は独身とのこと。(苦笑)

奥さん、もうおじさんの奇妙な行動を見るにみかねて、一方的に離婚したとのことです。

奥さんの職業は、ヨガのインストラクター。それで、十分に食べていけるのですって。

 

そうそう、おじさんの子供たち・一男一女は順調に育ち、おじさんに似て優秀!

男の子は関西で建築士をしており、女の子の方は単身カナダへ渡り、通訳の仕事などをしているとか、と聞きました。立派だなあ。

 

ところで、おじさんからすれば勝手に離縁されたわけで。

「そうなんだ、じゃあ今は独身なんですね」と、相槌を打ちながら笑うと、

「もーう、懲り懲り!」

って言ってたっけ。

まあ、自業自得だわなあ。

 

 

次回も、『リーマスおじさん』の話の続きをします。

今日は、受診日

ただいまーっ!

12時過ぎにお昼やらを買って、ようやく戻って来ました。

 

今日は連れの、2週間に一度の受診日です。

朝から、連れに付いて行って来ました。

9:15の予約なので、8:30過ぎには着いていないと。

 

ドライブを快適に!(JAF)

 

自動再診受付機で手続きをしたら、もう『267』!

さすがは、大学病院ですね。

コロナの影響で受付時間が8:00からと遅くなったのですが、もう人集りができていました。

 

いつものように受診を済ませた連れに、「どうだった?」と聞くと、

「今度の受診は2週間後の5月11日、お薬の処方は変わらず」とのこと。

 

ちなみに、今の連れの処方されているお薬を紹介しますね。

 

【朝】

セニラン(レキソタン) 2mg

リーマス 200mg

 

【昼】

なし

 

【晩】

レクサプロ 10mg×2錠

リーマス 200mg

 

【寝る前】

ベルソムラ 20mg

ルネスタ 3mg

トラドゾン 25mg

 

以上です。

※トラドゾンは、一応頓服の眠剤なのですが、連れは欠かさずに飲んでいるようです。

 

この処方の通り、連れはうつ病で、しかも躁鬱の傾向があります。浮き沈みが激しいのです。

仕事の際、締め切りや量に追われたりすると、いまだに過呼吸やら動悸やらが起こるらしいのです。

昨夜もそうでしたが、帰宅が20時過ぎになってしまったり…

今日が受診日で休みを取るので、ある程度の仕事量をこなさねばならず、昨日の場合は仕方がないのですが。

 

先生にも「ゆっくりお仕事できるように、心がけましょうね」と言われたそうです。

もう、その通りなのです!

どんな仕事もそうですが、常に『スピード』だの言う輩にロクな奴はいやしません!

ゆっくりで良いのです。

自分のペースで続けること、『継続は力なり』なのです。

 

 

短かく、短かく

どうも、柊木野(ひらぎの)マミです。

今日の一曲は『HONDA車・新型VEZEL e:HEV』のCMタイアップ曲でお馴染み。

藤井風(ふじい・かぜ)の、この曲を選んでみました。『きらり』ではなく、あ・え・て…

♪優しさ

タワーレコード オンライン

 

『HELP EVER HURT NEVER』というアルバムに入っています。

ぜひとも聴いてみてくださいね。

 

この藤井風さま、岡山県里庄(さとしょう)町の出身だということです。

里庄町は、倉敷と福山の間くらい?にあって、各々のベッドタウン的地域なのだとか。

CMタイアップ曲の『きらり』は、爽快感があってポップでキャッチーですが、アルバムを聴くとなかなかいろいろな曲風を持っているアーティストです。CDショップ大賞を受賞するくらいの実力派、注目ですねえ!

 

※そうそう!

今月届いた、JAF月報誌『JAF Mate 5月号』は、わんぱくなパンダちゃんの表紙がとても可愛いですよ。

さすが、岩合光昭さんですね。

ドライブを快適に!(JAF)

 

 

さて、連れの話の続きです。

会社の産業医が…面談を渋ってなかなか動こうとしないので、大学病院の担当医の先生がその人宛に度々連絡を取ってくれたようです。

産業医に会えるまで、2ヵ月くらいかかったかなあ?

その先生が勤務している病院まで何度か行って面談、ようやく会社へ復帰するスケジュールが経ちました。

全てのお膳立てをしてくれた担当医の見解では、

「まずは短かい時間から。月・水・金の週3日、午前中の勤務から始めるのはどうでしょう?」

とのこと。

産業医もそれに同意して、ようやく会社に向けての書類手続き的なことが進みました。

 

よかった…本当によかった。

と、思っていたら、初診日からもう6ヵ月が経とうとしていました。

この連れの話の続きは、また明日にしますね。

 

 

※今日は連れの受診日なのです、病院から帰って来たらブログ記事を更新しまーす。

そんなに気を遣わなくても…

どうも、柊木野(ひらぎの)マミです。

今週は『お片付けウィーク』なので、この記事をアップした後は、お掃除がんばります!

今日の一曲は、星野源さんの5thアルバム『POP VIRUS』から。

♪POP VIRUS

「音の中で〜」から始まる、アルバムの一番最初に収録されている、あの曲です。

 

 

星野源さんの曲はすごくポップなのだけれど、闇の部分もしっかり感じられて、その塩梅がいい感じですね。代表作は多々あるものの、この曲がとても好きです。

タワーレコード オンライン

 

今日も続きを書きます。

連れのうつ病による休職期間。前回書いたみたいな生活が続いて、約3ヵ月が過ぎようとしていました。

晩夏から秋…そして冬が来て、時はもう年末。

年末年始はもう、連れの実家で過ごすことが恒例になっているのです。

その年の瀬も車をとばして、高速乗って、連れのお父さん・お母さんに会いに行きました。

 

ドライブを快適に!(JAF)

 

連れが自分の部屋で休んでる時を見計らって、私は連れのお母さんへ事後報告しました。

・面談があったのに、本当のことを言えなかったこと。

・それを受けて、私が会社へ電話したこと。

・病院へ通うことになったこと。

・会社や先生の勧めで、休職中であること。

・私の見解では「完全復帰にはもうちょっとかかりそうかな?」ということ。

ご両親は、真剣に聞いてくださいました。

 

 

そして、お正月が来て、ご両親が「パソコンを新しくするから見に行く」と言うので、私もお父さんの車に同乗して、4人でお店へ行ったのです。

お父さんが、私に聞きました。

「マミさんは、何がいいの?Apple Watchか欲しいの?」

「え…何ですか?」

「いいよ、買ってあげるから!」

えーっ!?

ちょっ…ちょっと、確かに欲しいけれど、自分で買うからーっ!

お気持ちだけで十分でありますっ!

お父さんはニコニコしながら、

「構わん、構わん。色はどれがいいの?」

「シ、シルバーかなあ?」

「じゃあ、それねっ」

と、店員さんを呼んで、買ってしまいました。

購入した袋を私に持たせて、

「はい、どうぞ」

「ありがとうございます!」

うわあ、もう頭が上がらないよお…

お母さんが言うには、

「お父さんがこんなに太っ腹なこと、珍しいから。受け取っといたらいいよ」

と話していたので、もうただただ後は「ありがとうございます、ありがとうございます!」を繰り返していました。

 

 

私が、会社へ電話したからでしょうか?

別に、相手が連れであろうと誰であろうと、私は同じことをしたでしょう。

「めんどくせー奴を相手にして、本当にすまないなあ…」

晩酌の最中、そんなひと言をふと漏らすのでした。

本当に、優しいお父さんだなあ。

私も、こんなお父さんが欲しかったなあ。

 

安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

 

しんぱい、しんぱい

おはようございます。

昨夜は、阪神タイガース、7対1で巨人に快勝!

ドラ2の伊藤将司投手が、7回1失点と投げ切り、プロ初勝利を飾りました。

投打ともに阪神の良いところが全面に出ましたね。

巨人との始めのカード、勝ち越しが決まって少しホッとしています。

 

 

では、昨日からのお話の続きです。

 

2回目に会ってお昼を食べに行った時。

アプリに表示されてて分かっているだろうけれど、改めて連れに確かめました。

「私、6歳年上何だけれど、いいの?」

「全然ーっ、いいよ!」

ハンバーグを頬張りながら、ニコニコ笑ってくれたのを、今でも覚えています。

(マッチングアプリで『+ー5歳』で検索していたけれど、私の誕生日の関係で6歳差になってしまった…)

 

 

連れと会ってからというもの、大体2週間ごとに会いに来てくれました。

片道2時間半…高速に乗って、来てくれたのです。

もちろん、日帰りで。

初回は、私の住んでいる比較的近所でお食事して、一緒にカラオケをするように、私が予約しましたのですが…費用は、連れが全部出してくれました。

基本は、連れが朝7時過ぎに家を出て、10〜11時の待ち合わせをして、小一時間ほどの場所にあるショッピングモールまでドライブ。18時には私を送ってくれて21時近くに帰路に着く、という…

 

どれだけ運転好きなんだよ!

 

その当時はもう、会う度に申し訳ない気持ちでいっぱいで、何が何だかわかりませんでした。

しかも!毎回のように、お昼ご飯を奢ってくれるのです。

「当然でしょう?」と思う方が多いかもしれませんが、いやいや…

私も対抗して、お土産やプレゼント、手作りのお菓子をいろいろと持たせて返すのですが、連れの並々ならぬ労力やら懐具合やらを考えると、もう気が気ではなかったのです。

 

連れとは、ドライブの合間にさまざまな話をしました。

聞けば、仕事のために実家を離れ、会社の近くのアパートで暮らしているとのこと。

仕事は医療関係。訳あって専門学校に通い、資格取得をしたそうです。

今の会社に決めたのは、その資格が活かせるから。

全国に営業所などがあり、その業界では大手なのだそうです。

 

仕事について、連れに質問して話を聞く度に、何だか変なこと言うようになって来ました。

 

どんどんと明るみになって来ますよ。

闇の部分が…

 

「17時半が退社時間なんだけれど、主任が『タイムカード打刻して来て、仕事やれ』って」

「ずっと残業ばかりで、前の日も22時過ぎまで仕事してたよ」

「仕事が終わっても、残って主任の話を聞かないといけない」

 

…は?

それって、真っ黒じゃねえか!?

その主任ってヤツは、何者だ?

 

それも!

部署の中では連れ1人だけ、そんな目に遭っているというではないですか!?

みんな、知っててみて見ぬ振りかよ!

何だか、聞けば聞くほど腹が立って来ました。

ただ、私には全部正直に話してくれて、本当に良かったと思います。

当時は、帰って行く車を見送りながら、心配するしかありませんでした。

 

連れに会いはじめてから、2回目くらいにプレゼントしてくれた本。

『ありがとうの花束』

ひたすら、「ありがとう」って語ってる詩集です。

ページをめくる度に、きれいな花に包まれて、心が温かくなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうして、この本くれたのかなあ。

今晩、改めて聞いてみようかなあ?