君住む街で (on the street where you live)

6月に入って、暑い日が続きそうですね。

プロ野球日和なのはいいことですが、あまりにも熱すぎても困ります。

今日も場所によっては『真夏日』なあんてところもあるそうですから、気をつけましょう。

今年の夏も、マスクを着けなければなりませんからね。

 



 

今日の一曲は、爽快感あり、かつちょっと切ない曲にしましょう。

1964年のミュージカル映画『マイ・フェア・レディ』挿入歌。

ビル・シャーリーが歌っている…

♪on the street where you live

TOWER RECORDS ONLINE

 

演じているのは、ジェレミー・ブレットですね。

同じくこの作品で、主役オードリー・ヘップバーンが歌っていないのと同じです。

(だから、この作品は『アカデミー賞』総なめだったのにも関わらず、『主演女優賞』だけが獲れなかった、とか言われていますね。)

 

何はともあれ、良い曲です。大好きな一曲。

あの、ナット・キング・コールもカバーしていますねえ。そのバージョンも良いですよ。

でも私は、基本的にオリジナル派、ちょっぴりこだわりがあるのです。

 

↓ちょっと画像と音源が荒いですが、映画そのままを一部取り上げたものです。

 

メロディはもちろん、字幕の歌詞にも注目して欲しいです。

とても切ないです。

でも、恋したら、みんなこの人みたいになるのかもしれませんね。

 

寝ても覚めても、忘れられない。

人の目なんて、気にしない。

君住む街で、ずっと佇んでいたい。

 

ああ、なんて素敵。こんな恋に、少しだけ憧れる今日この頃。

 

あ、最近は『今日の一曲』に力を入れすぎ…かなあ?

私自身は、最近ちょっと調子が良くないのです。

その分、今のところは音楽の力を借りております。

これも年の功ですなあ、良い曲なら溢れるほど頭の中にあるのです。