最大のチャンスを逃すな!

おはようございます。

今日の一曲は、

Rasmus Faberのアルバム『So Far』から、Rasmus Faber Feat. Emily McEwan。

♪Ever After

作業している合間とか「何かちょっと聴きたいなあ」という時に流す曲です。

 

今日も、また続きを書きます。

 

令和元年のGWが終わり、連れの仕事も始まりました。

部屋を出る時はすごく浮かぬ顔をして、足取りも重そう。

会社へ行くことを考えたり、通勤途中に吐き気・めまいがするそうです。

「余程、仕事へ行きたくないんだなあ」

見送りながら、心配でなりませんでした。

 

帰宅は、22時過ぎることも当たり前。

朝とはまた違う、ただならぬ雰囲気で、

「ただいま…」

どんよりした表情で、お弁当も手をつけないまま。

会社で注文しているお弁当をそのまま持って帰って来るので、

当時の私の夕飯は、その手つかずのお弁当でした。

連れには、ちゃんと私が作った温かい食事を用意するのです。

 

そんな毎日が続いていて、3ヵ月経たない頃。

その日も相変わらず、遅い時間、お弁当を残して帰って来ました。

 

夕飯が終わって、いつものように今日起こったことなどを聞いていたら。

「今日仕事の途中に呼び出されて、所長と副所長の3人で面談があった」

ほお、幹部の方々は気にかけてくれているのだろうか?

もっと詳しく、連れに訊きました。

「で、どんな話をしたの?」

「仕事のこととか、いろいろ。『何か問題はないのか?』と聞かれた」

「主任のパワハラのことは話したの?」

「…言えなかった。『何にもありません』って、嘘ついてしまった」

 

はあ?

どうして言えないの?何で!

 

「会社内が筒抜けで、みんなに知られるのが怖かった」

とのこと。

こりゃ、あかんわ。

「今どうにかしないと、ずーっとこのままなんだよ?それでもいいの?」

「…」

「明日、私が会社へ電話して、全部話そうか?」

「それだけは、やめて…」

「でも、せっかく面談で機会があったのに、本当のことを話せなかったんだろう?」

「……」

「言えないのなら、分かった。本気だからな、明日電話するよ!」

 

この機会を逃しては、連れはずーっとこのままパワハラ地獄から抜け出せられない。

そう思う一心で、パソコンですぐに会社の電話番号をサイトで検索しました。

連れに電話番号を書いたメモを見せて、

「この番号で繋がるな?明日の午前中の休憩時間当たりに、会社に電話するからな!いいな?」

連れを、半ば強引にうなづかせました。

 

さあ、明日が勝負!