最大のチャンスを逃すな!

おはようございます。

今日の一曲は、

Rasmus Faberのアルバム『So Far』から、Rasmus Faber Feat. Emily McEwan。

♪Ever After

作業している合間とか「何かちょっと聴きたいなあ」という時に流す曲です。

 

今日も、また続きを書きます。

 

令和元年のGWが終わり、連れの仕事も始まりました。

部屋を出る時はすごく浮かぬ顔をして、足取りも重そう。

会社へ行くことを考えたり、通勤途中に吐き気・めまいがするそうです。

「余程、仕事へ行きたくないんだなあ」

見送りながら、心配でなりませんでした。

 

帰宅は、22時過ぎることも当たり前。

朝とはまた違う、ただならぬ雰囲気で、

「ただいま…」

どんよりした表情で、お弁当も手をつけないまま。

会社で注文しているお弁当をそのまま持って帰って来るので、

当時の私の夕飯は、その手つかずのお弁当でした。

連れには、ちゃんと私が作った温かい食事を用意するのです。

 

そんな毎日が続いていて、3ヵ月経たない頃。

その日も相変わらず、遅い時間、お弁当を残して帰って来ました。

 

夕飯が終わって、いつものように今日起こったことなどを聞いていたら。

「今日仕事の途中に呼び出されて、所長と副所長の3人で面談があった」

ほお、幹部の方々は気にかけてくれているのだろうか?

もっと詳しく、連れに訊きました。

「で、どんな話をしたの?」

「仕事のこととか、いろいろ。『何か問題はないのか?』と聞かれた」

「主任のパワハラのことは話したの?」

「…言えなかった。『何にもありません』って、嘘ついてしまった」

 

はあ?

どうして言えないの?何で!

 

「会社内が筒抜けで、みんなに知られるのが怖かった」

とのこと。

こりゃ、あかんわ。

「今どうにかしないと、ずーっとこのままなんだよ?それでもいいの?」

「…」

「明日、私が会社へ電話して、全部話そうか?」

「それだけは、やめて…」

「でも、せっかく面談で機会があったのに、本当のことを話せなかったんだろう?」

「……」

「言えないのなら、分かった。本気だからな、明日電話するよ!」

 

この機会を逃しては、連れはずーっとこのままパワハラ地獄から抜け出せられない。

そう思う一心で、パソコンですぐに会社の電話番号をサイトで検索しました。

連れに電話番号を書いたメモを見せて、

「この番号で繋がるな?明日の午前中の休憩時間当たりに、会社に電話するからな!いいな?」

連れを、半ば強引にうなづかせました。

 

さあ、明日が勝負!

 



 

お引越し、お引越し

おはようございます。

今週半ばから目覚めが良くなって、調子が良いので嬉しい限りです。

毎朝、「今日一日どんな音楽を聴きながら過ごそうか?」

考えるのが、とても楽しいのです。

今朝のBGMは、小野リサのベストアルバム『Complete Best  Vol.1』から。

♪Passeio NaS Estrelas(星の散歩)

 

今日も、昨日の続き・連れとのこれまでの経緯を書きます。

付き合いは続き、GWや年末年始などには、連れの実家に行くまでになりました。

 

連れはひとりっ子で、お父さん・お母さんと3人家族。

ご両親はとても優しくて、素晴らしい方です。

こんな環境で育ったから、連れは素直で純心なのねえ。

ちょっとおとなしめで控えめな性格なのが仇となって、職場の『主任』とやらに目をつけられたのだな。

 

そして、付き合ってから3年目。

元号が「平成」から「令和」に変わるGWの10連休に、連れと一緒に住むことになりました。

今日のテーマの『お引越し、お引越し』です。

私はひとり暮らしをしていたので、結構スムースにことが進みました。

彼も会社指定のアパートから、2人同時にわちゃわちゃ転居しました。



私は以前から病院に通っていて、転院しなくてはならないので、その点を加味して住居地域を決めました。連れは、会社からかなり遠くなってしまったので、ちょっと申し訳ないかなあ…負担になっていないか、今現在でもちょっと心配しています。

 

やっぱり、部屋に誰か居るっていいものですねえ。

自分1人だと、手抜きだらけの日々になってしまっていたのですが、例えば…

「1日3食。決まった時間に揃って食卓を囲む」

そんな当たり前のことが、妙に新鮮に感じました。

一人暮らしが長くて、もう何年もそういうことをしていなかったので。

連れの実家へお邪魔した時も、もちろん一緒にお食事させていただくのですが、

「ああ、こういうのが普通の家庭なんだなあ…」

心の底から、じわーっ…と幸せが滲み出てくるような感覚がありました。

入籍はせず、今のところ『ルームシェア』という形ですが、あまり気にしていません。

うちの親は連れに会った時に言い寄っていましたが、事情を知らないから。

連れの負担になってはいけませんからねえ。

 

そして!

一緒に暮らし始めて、はじめて分かることも多々あるわけで。

ここから先は重要なので、今日のところはここまでにしますね。

 



 

しんぱい、しんぱい

おはようございます。

昨夜は、阪神タイガース、7対1で巨人に快勝!

ドラ2の伊藤将司投手が、7回1失点と投げ切り、プロ初勝利を飾りました。

投打ともに阪神の良いところが全面に出ましたね。

巨人との始めのカード、勝ち越しが決まって少しホッとしています。

 

 

では、昨日からのお話の続きです。

 

2回目に会ってお昼を食べに行った時。

アプリに表示されてて分かっているだろうけれど、改めて連れに確かめました。

「私、6歳年上何だけれど、いいの?」

「全然ーっ、いいよ!」

ハンバーグを頬張りながら、ニコニコ笑ってくれたのを、今でも覚えています。

(マッチングアプリで『+ー5歳』で検索していたけれど、私の誕生日の関係で6歳差になってしまった…)

 

 

連れと会ってからというもの、大体2週間ごとに会いに来てくれました。

片道2時間半…高速に乗って、来てくれたのです。

もちろん、日帰りで。

初回は、私の住んでいる比較的近所でお食事して、一緒にカラオケをするように、私が予約しましたのですが…費用は、連れが全部出してくれました。

基本は、連れが朝7時過ぎに家を出て、10〜11時の待ち合わせをして、小一時間ほどの場所にあるショッピングモールまでドライブ。18時には私を送ってくれて21時近くに帰路に着く、という…

 

どれだけ運転好きなんだよ!

 

その当時はもう、会う度に申し訳ない気持ちでいっぱいで、何が何だかわかりませんでした。

しかも!毎回のように、お昼ご飯を奢ってくれるのです。

「当然でしょう?」と思う方が多いかもしれませんが、いやいや…

私も対抗して、お土産やプレゼント、手作りのお菓子をいろいろと持たせて返すのですが、連れの並々ならぬ労力やら懐具合やらを考えると、もう気が気ではなかったのです。

 

連れとは、ドライブの合間にさまざまな話をしました。

聞けば、仕事のために実家を離れ、会社の近くのアパートで暮らしているとのこと。

仕事は医療関係。訳あって専門学校に通い、資格取得をしたそうです。

今の会社に決めたのは、その資格が活かせるから。

全国に営業所などがあり、その業界では大手なのだそうです。

 

仕事について、連れに質問して話を聞く度に、何だか変なこと言うようになって来ました。

 

どんどんと明るみになって来ますよ。

闇の部分が…

 

「17時半が退社時間なんだけれど、主任が『タイムカード打刻して来て、仕事やれ』って」

「ずっと残業ばかりで、前の日も22時過ぎまで仕事してたよ」

「仕事が終わっても、残って主任の話を聞かないといけない」

 

…は?

それって、真っ黒じゃねえか!?

その主任ってヤツは、何者だ?

 

それも!

部署の中では連れ1人だけ、そんな目に遭っているというではないですか!?

みんな、知っててみて見ぬ振りかよ!

何だか、聞けば聞くほど腹が立って来ました。

ただ、私には全部正直に話してくれて、本当に良かったと思います。

当時は、帰って行く車を見送りながら、心配するしかありませんでした。

 

連れに会いはじめてから、2回目くらいにプレゼントしてくれた本。

『ありがとうの花束』

ひたすら、「ありがとう」って語ってる詩集です。

ページをめくる度に、きれいな花に包まれて、心が温かくなってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうして、この本くれたのかなあ。

今晩、改めて聞いてみようかなあ?

 



 

はじまり、はじまり

昨日は阪神タイガース、勝ちましたねえ!

途中買い物に出て帰って来たら、画面の応援団が『六甲おろし』を歌ってる最中でした。

雨の中、大変でしたね…

あ、昨日書いた通り巨人が好きじゃない訳ではないのです。

ちゃんと観ているのです、岡本選手の第一打席・レフトへの当たりも凄かったし。

ただ、サンチェスが可哀想だったかなあ…

 

 

じゃあなくって!

今日から少しずつ、連れのこととか、今に至るまでの諸々を書き留めていきます。

 

ことの始まりは、5年前。

極親しい4人で、お食事・カラオケと、女子会をしたのです。

私以外3人の友達は、結婚→子育て+パートと、忙しい日々を過ごしているようす。

その中の1人から、

「この先ずっと、独りでいるつもり?考えた方がいいよ」

まあ、その時は私も毎日会社員として働き、充実していたので余裕がなかったのです。

かと言うその子は、今の旦那さまとは『出会い系』で知り合ったとか。

 

出会い…そうねえ。

『出会い系』でも、ちゃんとしたサイトならば!

と App Store で公式の安全なところを見つけて、登録してみました。

いわゆる『マッチングアプリ』です。

(顔の画像付き証明書などを添付して、確か Facebook で10人以上友達がいないと登録不可の、皆さまが知ってるあの有名サイトです。)

 

近場で、年齢は私と+ー5歳くらいで、タバコ・酒・ギャンブルはダメ。

このくらいの設定で検索をしてみたら…

そーう!

今の連れがヒットしたのです、何という運命的な出会い。

最初は私の方から、連れへメッセージを送ってみました。

(連れは散々さくらメッセージを貰っていたらしいです。でも、私のメッセージだけは違う、と分かってくれたみたい。)

3ヵ月間はサイト内のメッセージ機能でやりとりをして、それから LINE をするようになりました。

 

初めて会うきっかけ。バレンタインデーが近かったので、

「チョコレート、欲しいですか?」

という何気ないイベントに乗っかった形でした。

2人とも休みの日、私の住む近くのお店で待ち合わせて、連れが来てくれたのですが。

「初めまして、◯◯のどの辺りですか?」と詳しい住所を聞いたら、

「高速で2時間半かけて来た」と言われて、恐縮してしまいました。

えーっ!? 確かに隣の県だけど、ナビだけを頼りによく来たなあ!

 

その時、連れに潜む暗い一面に気づいてか気づかずか、初対面で何となく違和感を覚えた私でした。

今日はここまでにしますね。