会社へ電話

おはようございます!

まだ春先で少し肌寒い朝に、ほっこりと温かくなる一曲から始めましょうね。

 

paris matchには名曲が多いのですが、その中でも私の大好きな曲です。

3rdアルバム『Type Ⅲ』から。

♪everywhere

 

先週の続き、話は核ともなる場面です。

会社の途中休憩だということを聞き、10時ちょっと過ぎに電話しました。

かけると、いきなり。

「お疲れさまです!」

とまだ若そうな男性の声が聞こえて来ました。

(あら?私、営業の人と間違われてるのかしら?)

と頭の中を巡りつつ、名乗りました。

「株式会社◯◯、本社で間違いないでしょうか?

私、△△課所属、□□□□の身内のものです。お世話になります。

昨日の面談の件で、部長もしくは所長・副所長とお話がしたいのですが、今大丈夫でしょうか?」

相手は、いつもの雰囲気ではないことに気付いたのか、

「え…っと、何課の?誰でしょうか?」

「△△課の□□です」

「少々、お待ちください」

保留音の『エリーゼのために』が鳴り続ける最中、どんな人が電話対応してくれるのか、胸中ドキドキしていました。

 

「はい、変わりました。Aです」

これまた、まだ若そうな男性の声。

「私、□□と同居しております、柊木野と申します、お世話になっております。お忙しい中、ありがとうございます」

「あーあ、どうも。お世話になります」

ここ最近連れが引っ越したりしたので、私の件もざっくりな事情は伝わっている様子でした。

「A様は、えーと…役職は?」

「副所長です」

電話越しに「ああ、これは良い人だわ」と好感触!と思いきや、

勢いに任せて、昨夜連れと話したことをそっくりそのまま、A副所長に話しました。

もちろん、直属の上司・主任のことを匂わせながら、話しました。

そして、私から観た連れの実情、ここ3ヵ月の間、職場では昼食が全く摂れていないことなど、体調不調の件を強調しました。

最後に「パワハラの詳細は、本人の口から聞いてください」と付け加えました。

 

話を聞いてくれた、A副所長。

「…わかりました。気にかけていたんですよ。□□君がねえ、いつも暗い顔してるから。

いやあ、昨日の面談でも、『何もない』と言うものだから。

この後、本人から聞いてみます。貴重な意見、ありがとうございます」

 

わーっ。

副所長、めっちゃ良い方じゃあないか!

どうして連れは、今まで我慢してたんだろう?

失礼のないように、何とか電話を終えました。

 

さーあ!この後、連れは早速呼び出しを喰らうことでしょう。

今度は、ちゃんと言えるかなあ?

今日はどんな顔して、帰って来るかなあ?

 

ドライブを快適に!(JAF)